痴漢、強制わいせつ罪

痴漢と強制わいせつの違いを理解していない方が少なくありません。
たまに、電車の中だと痴漢で、それ以外だと強制わいせつだと思っている方がいるのですが、この2つは場所だけで区別されるという犯罪ではありませんし、そもそも痴漢罪という罪名は存在しません。

一般に痴漢と言われている行為はいわゆる迷惑防止条例違反という罪にあたります。
東京の場合であれば、公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例違反です。

一方、強制わいせつ罪は刑法に規定されています。

迷惑防止条例違反の罰則が、6月以下の懲役または50万円以下の罰金であるのに対し、強制わいせつ罪の罰則は、6月以上10年以下の懲役ですから、全く重さが異なることがわかると思います。


痴漢と強制わいせつ


たとえ電車内の痴漢行為であっても、下着の中にまで手を入れているような悪質な場合は、強制わいせつで起訴されることがあるということに注意が必要です。

ですから、性犯罪で逮捕された場合は、まず何罪にあたるかを確認します。
なお、かつては強制わいせつ罪は親告罪だったため示談をして告訴を取り下げてもらえば起訴されることはありませんでしたが、刑法の改正により非親告罪となったので告訴は不要となりました。
それでも示談を早期に開始する必要性が非常に大きいことはかわりありません。。

通常、性犯罪の被害者は被疑者やその家族に連絡先を教えたくないと検事に話しますから、示談交渉をするには弁護士をつける他ありません。
弁護士がついても、連絡先を教えることや、示談を拒否する被害者の方もいますが、その場合は、贖罪寄付を検討することになります。
贖罪寄付とは被害者のいない犯罪(薬物犯罪や脱税等)や被害者と示談できない場合に、反省の気持ちを表すため、慈善団体等に寄付をすることを言います。
贖罪寄付をした場合も、検察が起訴するかどうかの判断や裁判官の判決に好影響を与えます。

痴漢に関する質問

痴漢に関するよくある質問をまとめています。

家族からの質問

夫が痴漢で逮捕されたと警察から連絡がありました。明日検察庁に行って詳しいことがわかるとだけ言われました。どうすれば良いでしょうか。

検事調べの結果、勾留請求されるかどうかが決まります。
まずすべきことは、できるだけ早く、弁護士が本人と面会し、痴漢の事実が本当なのかそれとも冤罪なのか確認することです。
それと同時に、家族が署名した身元引受書を作成し、検察官に勾留請求をしないよう働きかけることです。勾留されると、原則10日間は外に出ることが出来ません。
これでは仕事に支障が出ますし、勤務先にも事件のことが伝わるおそれがあります。
万一、勾留決定が出てしまった場合は、早期に示談交渉をして釈放を求めていくことになります。ただし無実の場合は示談は必要ありません。

釈放後について

痴漢で逮捕された後、勾留されずに釈放されました。
今後どうなるのでしょうか。またどうすれば良いのでしょうか。自分が痴漢をしていたかどうかは、酔っていたこともありよく覚えていません。

現時点では、まだ検察官による処分が出ていないということになります。
今後は警察、検察が捜査を進め、その結果に応じて起訴または不起訴になります。
まずやるべきことは、可能な限り当時の出来事を思い出し、罪を認めるのか、争うのかはっきりさせることです。
無実を主張していくのと、罪を認めた上で処分の軽減を求めていくのでは、準備すべきことが全く異なるからです。
弁護士に相談して詳しい事情を聞いてもらい罪を認めた場合と争った場合とでどうなるのか意見を聞きましょう。

その上で罪を認めて軽い処分を求めていくということであれば、やるべきことは示談と検察官への意見書の提出です。
弁護士が検察官から被害者の連絡先を聞いて示談交渉に入ります。
意見書では不起訴にすべき理由を1つでも多く記載して検察官に不起訴へするよう求めていきます。具体的には、罪を認めていること、示談が成立していることの他、仕事や学業があるのであればその概要、家族など身元を引き受けてくれる人がいるのであれば身元引き受け書も添付します。
ここまでできれば前科の有無や犯行態様にもよりますが、相当高い確率で不起訴を獲得することができます。

一方、罪を争う場合は、痴漢冤罪のページをご参照ください


このページの先頭へ