児童買春

児童買春罪の罰則は5年以下の懲役または300万円以下の罰金です。
昨今、少年に対する性犯罪は、厳しく見られる傾向があります。実際、育成条例違反などと比較しても格段に逮捕される確率が高いです。

示談する場合、未成年と示談するわけにはいかないため、児童のご両親と示談交渉をすることになります。
想像していただければ、わかることだと思いますが、この場合の示談は難航することが多くなります。
示談金も多額になる傾向が強いです。


もっとも、強姦罪ほど重罪というわけではありません。
たとえば、素直に罪を認めれば略式罰金や執行猶予となる可能性もあります。
特に犯行が発覚する前に、警察に自首すれば、不起訴になるケースもあります。深く反省していることがわかるためです。
なお、自首する場合は、「自首した」ということをはっきりさせておくために弁護士と一緒に行くことをお勧めします。
せっかく自首しに行ってもその場では追い返されて後日逮捕され、自首したという証拠が何もないという事態を防ぐためです。


児童買春


児童買春の場合、18歳以上と信じていたのに罪になるのは納得いかないというご意見を聞くことも多いのですが、相手が18歳以上と信じても仕方がないような外見で、自分で年齢確認もしたというような場合であればともかく、そうでない場合には言い分が通ることは少ないのが実情です。

また、対価を支払わなくとも、18歳未満の者と性交等に及べば、他のページで述べている青少年保護育成条例に違反し、やはり犯罪となります。

児童買春に関する質問

5件の児童買春事件をおこしてしまいました。私は実刑になるのでしょうか。

刑事事件で起訴されるかどうか、実刑になるかどうかは、様々な事情を考慮されて決まります。
件数はもちろん関係してきますが、1件だから罰金や執行猶予、5件だから実刑となるわけではありませんん。
児童買春であれば、件数はもちろん、児童の年齢や犯行態様、示談の有無、前科の有無が大きく関係してきます。他に身元引受人の有無、本人の反省も大事な考慮要素です。
ただし、5件の児童買春というのは罪状としてはかなり悪いと言えます。前科がなくとも安心できる状況ではありません。まずは弁護士に相談することをおすすめします。


このページの先頭へ