痴漢に関係する法律

多くの都道府県は条例で、痴漢や盗撮行為を犯罪として規定しています。ただし、具体的な条文の記載や罰則はそれぞれ異なっています。ここでは、東京都の条例の一部ておきます。
なお、法律、条例は常に改正を繰り返しています。このページの情報だけでなく、依頼されている弁護士に確認するようにしてください。

東京都公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例
第5条 何人も、正当な理由なく、人を著しく羞恥させ、又は人に不安を覚えさせるような行 為であつて、次に掲げるものをしてはならない。
(1) 公共の場所又は公共の乗物において、衣服その他の身に着ける物の上から又は直接に人の身体に触れること。
(2) 次のいずれかに掲げる場所又は乗物における人の通常衣服で隠されている下着又は身体を、写真機その他の機器を用いて撮影し、又は撮影する目的で写真機その他の機器を差し向け、若しくは設置すること。
イ 住居、便所、浴場、更衣室その他人が通常衣服の全部又は一部を着けない状態でいるような場所
ロ 公共の場所、公共の乗物、学校、事務所、タクシーその他不特定又は多数の者が利用し、又は出入りする場所又は乗物(イに該当するものを除く。)
(3) 前2号に掲げるもののほか、人に対し、公共の場所又は公共の乗物において、卑わいな言動をすること。


このページの先頭へ