弁護士費用

罪を認めている基本的な事件の刑事弁護費用です。
裁判員裁判対象事件、罪を争う事件や強姦事件等、重大事案は、内容により費用が異なりますので、お問い合わせください(ご依頼前の接見費用は同様です)。

当事務所では重大事案を除き着手金、成功報酬、実費以外の費用はかかりません
実費とは裁判所までの交通費や記録のコピー代金などですので、終了時までの合計でも数千円、多くかかる場合でも数万円です。

被害者への示談金や保釈金は別途ご用意していただく必要がありますが、通常事件における示談交渉や保釈手続きにあたって別途着手金や報酬金をいただくことはございません。
弁護士が接見に行く度に1万円、2万円と費用を取る事務所もございますが、そのような料金体系ですと依頼者の方も気軽に弁護士に面会に来てほしいと言えませんし、結局、どれくらいの費用がかかるのかということがわからないため、ご依頼を躊躇してしまうと思うのです。
また弁護士自身も費用を負担させないようにして面会を控えてしまうという事態になりかねません。
このような事態を防ぎ刑事弁護サービスを提供するため、当事務所は定額の料金体系をとらせていただいております。

  1. ご依頼前
    • 相談料
      30分5400円
      ご依頼いただく場合は無料となります。
    • 接見のみ
      5万4000円
  2. ご依頼後
    • 着手金
      32万4000円
    • 成功報酬
      32万4000円~54万円

このページの先頭へ