弁護士費用の相場

痴漢事件の罪を認めている基本的な事件の刑事弁護費用の相場です。
あくまで迷惑防止条例違反にとどまるもので、強制わいせつ等、重大事案は、内容により費用が高額になると思っておきましょう。

弁護士費用は大きくわけて着手金と成功報酬からなります。

着手金は最初に払うお金で痴漢事件の場合20万円~40万円が相場です。それ以上の金額はふっかけられていると思った方が良いです。成功報酬は不起訴になった場合に支払うお金で、だいたい同じくらいの報酬が必要になります。

上記はあくまで罪を認めている事件で、無実を主張する場合はその倍以上の金額が必要になるケースが多いです。

また罪を認める場合は被害者への示談金が別途必要になりますし、起訴されて勾留されている場合保釈金は別途用意が必要です。このように弁護士を依頼する場合はかなりのお金が必要になります。特に料金が高い弁護士に依頼をしてしまうと本当に大変です。慎重に選びましょう。

このページの先頭へ