自首

自首とは「犯人が捜査機関に対して犯罪事実を申告し、自分自身の処罰を求める意思表示をすること」を言います。単に、自ら出頭しただけで自首が成立するわけではありません。
つまり、被害者が既に捜査機関に申告していたり犯人の目星がついているという場合には、自首が成立しない可能性が高いと言えます。
よく、児童買春や盗撮の件で「自首した方が良いですか?」という疑問を持つ人がいます。。もちろん事案の内容によるのですが、すでに警察が犯人の目星をつけているであろう事案が多く、そもそも自首が成立しないという刑事事件も多いです。
しかし、自首が成立しないからと言って自分から出頭することが無意味かと言うとそうではありません。
警察が逮捕しにくる前に、自ら出頭するということはそれ自体、有利な事情の一つとなります。これは犯罪の内容が性犯罪であっても変わりません。

多くの弁護士事務所でも、事前に意見書を用意して弁護士とともに出頭することで逮捕を避けたり、再犯余罪ありにもかかわらず不起訴を獲得している例があるようです。

最終的に出頭するのかどうかは本人の意思となりますが、自首をする、出頭するということであれば、その証拠が残るように準備することは必須です。


このページの先頭へ