家族が逮捕されたら

家族が警察に逮捕されたら、多くの方が慌ててしまい、気が動転してしまう方もいらっしゃいます。
しかし、昨今の警察や検察の不祥事を見ればわかるように、彼らの仕事も100パーセント正しいわけではありません。
したがって家族が逮捕されたからと言って、家族が犯罪をしたと決めつけてはいけません。えん罪の可能性もあるからです。

家族が逮捕されたとき、最初にすべきことは事実の確認です。
どういう疑いをかけられているのか。本当に犯罪をしたのか?
事実を確認してはじめて、その後の対策を検討することができます。
もっとも、一般の方が被疑者と面会をするには時間や、警察の立ち会いがあるなど、制約が多いのが現状です。 また、法律的知識も通常はないため、ご家族の方が話をしても、事実の聞き取りが不十分になってしまいがちです。


刑事手続きの流れ


弁護士であれば、警察の立ち会いや時間の制限が基本的にありません。また、黙秘権をはじめとする被疑者の権利、捜査の流れを十分に説明することができます
したがって、ご家族が逮捕された場合、やっていただきたいことは、逮捕されている警察署を聞き、弁護士に一秒でも早く相談することです。

警察は被疑者を逮捕すると取り調べをおこない供述調書というものを作成します。これは後日の裁判で証拠として使われるものです。
しかし、逮捕された方は、裁判のことまで深く考えずに、取り調べを受けてしまうことが多いと言えます。

弁護士が接見に行くことで、どのように取り調べを受ければ良いか、今後の手続きがどのように進むのか正しく理解することができます
すぐに弁護士に連絡すること。それが家族が逮捕された場合にまずすべきことです。


刑事手続きの流れ


弁護士に依頼くださった後は、刑事弁護に必要なことは弁護士がやります。
ただし、通常の民事事件において依頼者の方の協力が必要になるように、刑事弁護においても、ご家族の協力は欠かせません。

たとえば、性犯罪の場合、身柄の釈放には示談と身元引受人の確保が非常に重要です。
したがってご家族に示談金の準備をしてもらい、身元引受書にサインをしていただくことになります。
また、勾留されている場合は、当然、自由に出歩くことはできないわけですから、外の人間が色んなことをサポートしてあげなければいけません。
着替えの差し入れなどがこれにあたります。

また、勤務先への連絡なども弁護士がやってしまえば、事件のことが会社にわかってしまいますから、ご家族にやっていただくほかありません。
このように刑事弁護は本人、ご家族、弁護士が連絡を取り合ってそれぞれができることをやっていくことになりますので、ご協力をよろしくお願いいたします。


このページの先頭へ