釈放されたら

示談の成立、または身元引受書の提出等で、釈放された場合でも、それで刑事手続きが終わったわけではありません。
最終的な処分は検察官が様々な事情を考慮して決めることになります。

具体的には、起訴するのか不起訴処分とするのかです。
検察官が起訴するかどうかにあたっても、示談ができているかどうか、本人が反省しているかどうかが重視される傾向にあります。
したがって当たり前のことですが、釈放された後こそ、しっかりとした生活を送らなくてはいけませんし、警察から呼び出しなどがあった場合は、協力することが大切です。

この期間に別の罪を犯せば、前の罪と新しい罪の両方で起訴されてしまう可能性が非常に高くなります。

もちろん裁判を受けて執行猶予判決を受けていた場合は、その執行猶予が取り消されてしまうことも考えられますので十分に注意してください。


このページの先頭へ