示談交渉の流れ

痴漢や盗撮事件では、示談交渉をするかどうか、示談が成立するかどうかで、結論が変わる可能性が非常に高いです。
当事務所でも、「100パーセントこうなります」とは保証できませんが、示談が成立した案件について起訴猶予となり前科がついておりません。

これに対し、示談交渉を一切やろうとしなかった場合は、罰金となり前科がついてしまうケースが多いです。

示談交渉をする場合、弁護士が警察もしくは検察に、被害者に謝罪と賠償をしたいと伝えます。
そして、警察から、被害者の連絡先を聞き、被害者と会って、交渉し、示談を成立させます。

被害者の意向として、「加害者本人には会いたくないし、連絡先を知られたくない」というのが圧倒的多数のため、弁護士が全ておこないます。

示談金の相場

示談金については、加害者側と被害者側の両者が納得すれば良く、法律などで取り決めがあるわけではありません。
ただし、一定の相場というものはあり、概ね30万円程度で示談となるケースが多いです。

当事務所で高い場合でも50万円程度です。
50万円を超える請求があった場合に応じるかどうかは、ケースバイケースとなります。


このページの先頭へ